Home arrow ハードウェア arrow SIMフリーiPhone4
b-mobile SIMカード

さて、SIMフリー版のiPhone4を入手しましたが、これを使うには、通信用SIMが必要です。幸い日本通信からSIMフリー版iPhone4を利用するためのb-mobile SIMが提供されているので、これを利用することにしました。

早速、楽天市場から日本通信のSIMを購入。今回は、まだソフトバンクとの契約が残っていることもあり、日本通信の通信品質の検証も含め、データ通信のみのb-mobile SIM U300を購入することにしました。ソフトバンクとの契約は後数ヶ月であることもあり、6ヶ月使い放題パッケージを購入することにしました。


b-mobile SIMカード

パッケージの中身は、接続説明とSIMカードです。SIMカード自体は、当然といえば当然なのですが、まんまDOCOMOのFOMAカードです。

 
b-mobile SIMカード

では、iPhone4に取り付けてみましょう。iPhone3G、iPhone3GSまでは、本体の上にあったSIMカード挿入口がiPhone4では、本体右側になっています。iPhone4付属のイジェクトピンをさして、SIMカードトレイを取り出し、b-mobile microSIMを取り付け本体に挿入します。

 
SIMカードトレイの取り出し


SIMカードの取り付け

 

 

 

後は、iTunesのインストールされたPCに接続し、アクティベート処理を実行します。


アクティベート処理

アクティベートを完了して電源を投入、しばらくするとDOCOMOの電波を捕まえ・・・・あれ?電波強度がでない。


接続ステータス

電波は掴んでいるようですが、電波アンテナ表示が立ちません。ネットで調べたところ、何故かこうなるらしいです。
表示だけのようですので、日本通信の開通手続きを行います。添付の説明書を見ると「24時間対応開通手続きダイヤル」に電話して開通手続きを行うように書いてあるので、日本通信のSIMが入ったiPhone4で開通手続きダイヤルに電話をかけてみましたが、かかりません。
この件に関して日本通信に問い合わせメールをしたところb-mobile SIM U300には通信機能がないので、これを挿入したiPhone4からは電話ができなくて当然との事。・・・・・海外などでは、開通処理くらいは携帯から出来るものだが・・・・

いずれにせよ、サポートの言う事には、通話できる携帯やPHS、家の電話から「24時間対応開通手続きダイヤル」に電話をかければ開通可能になるとの事ですので、電話して開通しました。
相変わらず電波強度の表示は、上図のままですが、ネット網への接続もできインターネット網への接続も可能となりました。

ところで、ネットを見てみるとiPhone4用にSIMカードを複数利用出来る怪しいデバイスが有るようです。SIMを2枚利用出来るディアルタイプ、3枚利用出来るトリプルタイプがあるようです。
私は海外に行くことも多いので、SIMカードの切替が簡単に出来ればますます便利になります。

ということで、実際にトリプルタイプを買ってみることにしました。

 

 
< 前へ

このホームページに対するご意見、ご要望は、info@prolib.comまで電子メールでご連絡ください。
Copyright © 1996-2011 T.A.C. All rights reserved.