Home arrow ハードウェア arrow SIMフリーiPhone4
SIMフリーiPhone4

今まで、iPhone3G、iPhone3GSと使っていましたが、 最近海外に行くことが増えてきたこともあり、最新版のiPhone4のSIMフリーを手に入れる方法を考えていました。

そんなとき、b-mobileを提供する日本通信からSIMフリー版のiPhone4の販売斡旋メールが来たことで早速購入することにしました。現在は斡旋業者も増加しているようですが、私の活用したのは、EXPANSYS社の通信販売です。サービス開始と同時に申し込みをしたため、価格は若干高めとなってしまいました。

EXPANSYS社のWebページから必要事項を記入し申し込むと5日程度で香港からFedEx便で送られてきました。
商品金額+送料(FedExで2,000円)がカードで決済されます。商品は香港からの輸入となりますので、香港現地の税金は免税となっているようですが、商品を日本へ発送する際の輸入税、及び、消費税が発生します。今回の場合、3,200円でした。この金額は、後日、FedExから請求されます。


FedExでの送付物

送られてきたFedExの袋を開けると、iPhone4の箱、eXpansys Apple iPhone 4 TPU Case、コンセントの変換コネクタ、eXpansysの2,000円分お買い物券、INVOICEが入っています。

 

 

 


送られてきたiPhone4の中身

さて、ではiPhone4の箱を開けると、iPhone4本体、イヤホン、USBケーブル、香港コンセント型の電源となります。この香港コンセント型の電源を日本のコンセントに挿す為の変換コネクタが袋に入っていたコンテントの変換コネクタです。


iPhone4の箱の中身


香港用電源と変換コネクタ

 

これで、SIMフリー版のiPhone4は入手できたわけですが、当然のことながらこれでは、電話がかかりません。そこで、SIMカードを挿入する必要があるのですが・・・・。iPhone4は皆さんご存知のようにmicroSIMが採用されているため、今まで使っていたiPhone3GSのSIMは利用できません。

そこで、登場するのが日本通信社のb-mobile microSIMカードとなります。全面的にb-mobileに移行したいところですが、まだソフトバンクの2年縛り期間ですので、b-mobileの中で一番安価な通信サービス b-microSIM U300を購入することにしました。

 
< 前へ   次へ >

このホームページに対するご意見、ご要望は、info@prolib.comまで電子メールでご連絡ください。
Copyright © 1996-2011 T.A.C. All rights reserved.